一般・小児皮膚科・形成外科

お子さまの皮膚トラブルは、小児科ではなく小児皮膚科へ。
大人の皮膚トラブルは、皮膚科専門医へ。

一般皮膚科

一般皮膚科で治療できる主な症状

湿疹(しっしん)・かぶれ

原因不明の湿疹やかぶれが出た場合、まずは原因を究明する必要があります。
パッチテストやアレルギー検査などによる原因究明を行ったあと、適切な薬とお肌のお手入れ方法を指導いたします。

乾燥肌

かゆみを伴う乾燥肌は、悪化するとひび割れて出血したり、炎症を起こしたりすることがあります。当院では市販の保湿剤よりも保湿力が高く低刺激の医療用保湿剤を処方していますので、悪化する前にお越しください。

蕁麻疹(じんましん )

抗ヒスタミン剤という内服薬を一般的には使用しますが、当院では眠気の出ない内服薬を処方しております。かゆみがある場合は、かゆみを抑える外用薬も併せて処方いたします。

円形脱毛症

円形脱毛症の治療法は主に、ステロイド剤などの外用薬を用い、場合によっては局所にステロイド薬の注射も行います。
円形脱毛症は様々な原因で発症するため、当院では必要に応じて血液検査も行っております。

水虫

市販の水虫用外用薬は効果が弱かったりかぶれを起こしたりするケースがあります。
当院では顕微鏡検査で水虫の原因菌である白癬菌の有無を必ず検査し、症状に合った外用剤を処方するほか、症状がひどい場合は内服薬も処方いたします。

いぼ・たこ・ウオノメ

液体窒素による治療または、炭酸ガスレーザーを用いて除去します。
ウオノメの場合は医療用の器具を用いて、芯を削り取ります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、完治が難しい症状ですが、コントロールは可能です。
当院では日本皮膚科学会のガイドラインに従ったスタンダードな治療を行うほか、入院施設の紹介や漢方薬(保険)の処方も行っております。

帯状疱疹・ヘルペス

当院ではウイルス感染細胞を顕微鏡検査することで早期に診断を行い、ウイルスが確認された場合は、内服薬を用いて治療していきます。

※上記以外の症状でも、皮膚に関するトラブル・お悩みのある方は一度ご来院ください。

小児皮膚科

小児皮膚科で治療できる主な症状

乳児湿疹

母乳栄養の赤ちゃんの場合、母乳由来の食物(卵、牛乳、小麦、大豆)によるアレルギーを生じていることがあるのです。
保湿剤やステロイド外用剤で改善しない場合は、アレルギーの原因を探るプリックテストを行い原因を除去することで治るケースがあります。

とびひ

とびひは虫さされやあせもを引っ掻いた傷口に細菌が入り込むことで、水ぶくれが広がる病気です。
最近では従来の抗生物質が効きにくい耐性菌が増えているため、当院では必ず患部の細菌培養検査を行い、耐性菌の有無を調べてから薬を処方しております。

単純ヘルペス

単純ヘルペスは、口や眼の周りに小さい水ぶくれができる病気です。初期には湿疹やとびひと区別がつきにくいため、全身に広がってから来院するお子さまも多くいらっしゃいます。当院では顕微鏡検査による早期に診断・治療を行うことができるほか、お子さまでも安心して飲める抗ウイルス薬を処方しております。

あせも

あせもは汗をかいた後、汗の出る管が詰まってしまうことで発症します。
掻きむしると“とびひ”になる可能性もあるため、予防的に抗生物質を処方することもあります。

オムツかぶれ

オムツかぶれは排泄物による刺激などが原因で発症します。
当院では原因であるカンジダの有無を顕微鏡で検査した後、症状に合った外用薬を処方しております。

水イボ

水イボはウィルスが原因のため、身体中に広がったり他の人にもうつります。
当院では麻酔シールを貼ってから患部をキレイに取り除くため、治療中は痛みもなく傷跡もほとんど残りません。

水ぼうそう

水ぼうそう初期は、湿疹とは区別がつきません。小児科で見過ごされてから当院へ来院される患者さまも多いため注意が必要です。当院ではウイルス感染細胞を顕微鏡検査することで早期に診断・治療を行うことが可能です。
※上記以外の症状でも、お子さまの皮膚に関するトラブル・お悩みのある方は一度ご来院ください。

形成外科

形成外科で治療できる主な症状

巻き爪

当院では“超弾性ワイヤー”による爪の矯正を行っております。
巻き爪を伸ばしたあと、伸びた爪に穴を2つ開けてから超弾性ワイヤーを通します。症状を繰り返す場合は手術的治療も可能なため、一度ご相談ください。

粉瘤(アテローム)

粉瘤とは皮膚の下にできた袋の中に、従来はがれ落ちるはずの垢がたまる病気で、強い悪臭を伴います。当院では再発防止のため、完全に取り除く手術を行っております。

汗管腫

汗管腫とはまぶたに多く見られる小さな発疹で、汗管が増殖してできたものです。エルビウムヤグレーザーを用いることで、比較的綺麗に取り除くことができます。

刺青(いれずみ)・タトゥーの除去

数回の治療で除去することが可能なQスイッチレーザーによる刺青(いれずみ)・タトゥーの除去を行っております。
切除しないため、傷跡が目立ちません。

※上記以外の症状でも、皮膚に関するトラブル・お悩みのある方は一度ご来院ください。